不労所得で稼いでみる40代サラリーマン

FX、CFDで大きく損をしているので、利益の出ているソーシャルレンディング、REITに主に投資をして利益を出して、時々色気を出して株を買うブログ

アノマリー

アメリカが全員感染するかの計算。恐ろしい計算

アメリカのコロナ感染者数は4月5日で、311,544だそうで、3月30日から4月5日で、1日あたり25,000くらい増えている。感染者が1日あたり、8%くらい増えている。このまま、8%の増加ペースを保つと、3億人の6割の1.8億人が感染するのに84日間、3億人が感染するまでに90日間かかる。医療崩壊が起きるので、死亡率が10%くらいになると思われる。3000万人死者がでる。あと3ヶ月くらいで最悪の事態とともに、コロナ騒ぎは落ち着く可能性がある。

そのうち戻ってくるでしょう。

今、株が軒並み下がっている。S&P、Dow、Nasdaq、日経平均。去年も同じようなことありましたよね。結局戻ってきましたよね。よって、そろそろ、買い増しています。

20200301

あと何ヶ月で戻るかな?

ダウや日経平均が下がっている。基本の自分が考えるシナリオとしては、数ヶ月で戻って本格的な景気後退にはならないというのがメインシナリオだ。ネガティブな要素は下記の2つだと思う。
  • アメリカの中国向け関税(実質的な増税効果)
  • ハードブレグジット
中国向け関税の引き上げだが、実質的な増税なので景気を冷やす効果がある。これについては株が上がりすぎていると思うので、政策的にそんなに問題ないのではないかと思っている。金利を上げてコントロールしようとするとあっという間に市場がおかしくなる。増税はトランプの性格からしてやらない。となれば結果論として良いのではないかと思っている。
ハードブレグジットの方だが、これが良く読めない。これの怖いのは、信用の収縮が起きることだ、ロンドンは決済の中心地なので、何かおかしいことがあれば、リーマン級の事故が起こる可能性がある。合意なく離脱したからと言って、いきなり取引停止するような、非常識な金融機関がなければ大丈夫だと思っている。というわけで、3ヶ月~半年くらいで株は元の水準に戻るのではないかと思っている。

悪いニュースの中で買う

連休中の悪いと言われているニュース
5/5 トランプ米大統領 対中国輸入関税を10%から25%に引き上げ 2千億ドル(約22兆円)
5/4 北朝鮮飛翔体発射
4/30,5/1 連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、金利据え置きを決定

相場の動き
5/6 から2日 ダウ 500ドル程度下落(約1.8%下落)
5/7 から2日 Nikkei225 700円程度下落(約3%下落)

トランプの関税引き上げの突然感はあるが、いつものことなので、基本戻るのではないかと思っている。米中貿易戦争の影響については過去の日米貿易摩擦が参考になると思っているので、そのうち調べてみたいと思っている。

とりあえず、Nikkei225を購入する予定だ。
広告
楽天証券
楽天市場
  • ライブドアブログ