不労所得で稼いでみる40代サラリーマン

FX、CFDで大きく損をしているので、利益の出ているソーシャルレンディング、REITに主に投資をして利益を出して、時々色気を出して株を買うブログ

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングって結局あまり損しないかも

maneoというソーシャルレンディングで、不動産担保付きローンファンドに投資していた。投資金額は3万円だ。2019年1月が借入開始、2019年10月が借入終了だった。6月に期限の損失が発生して、10月に返済は完了せず、元本も当然戻ってきていない。6月、8月、2020年1月とこまめに回収して、全体の回収金額が、26,111円となっている。残り利息も含めて4,471円だ。元本だけ考えると87%回収できている。株で思いっきりへこむ時より全然ましな気がする。これに多く投資していればめまいがするかもしれないが、まぁ、こんなものかと思ったりもする。ほとんどソーシャルレンディングはやらなくなってしまったが、これからちょっと考えていようかとも思っている。

初の期失

maneoで期限の利益喪失に当たってしまった。ソーシャルレンディングをやっていて初のケースだ。基本自分は慎重に都内で担保が取れる不動産を多くやってきた。色々な人が期限の利益喪失に当たっているなかで、自分はいままであたったことがなかった。あたった案件は、葛飾区の土地を担保にした貸付だ。審査基準を絞っているからであろう。スルガ銀行みたいなことが起こって厳格化の影響が出てのだろう。

”不動産事業者DRの見込み顧客においても、銀行融資の大幅減額査定ないし最終承認段階での否決といった結果が重なるようになりました。”という記載がmaneoのページに出ていた。とりあえず、がんばって回収してほしいと思うのみである。

LC Lendingダメになってしまった。

以前のブログで、LC lendingはソーシャルレンディングだが、安全だと記載してきた。理由は上場企業による保証があったからだ。今日久々にログインしてみたら、なんとmaneo marketingが管理している口座にお金を振り込む可能性があって、maneo marketingがつぶれたら、お金は帰ってこない可能性があることに同意を求められた。今の時期、maneoが絡めば信用力が下がるのは当たり前の気がしている。今の時期にこの変更やるかね。期間が終わったら速攻でお金を引き出してやろうと思っている。また、移動先を探さなければ。。。面倒だ。。。。

やっぱり今は不動産関連だな

今日、株を見ているとLCホールディングスの株が15%も上がっている。理由はよくわからないが全面安の中上がっている。LC Lendingの案件に保証を付けているのがLCホールディングスだ。つまりこの会社がつぶれない限り、貸し倒れが出ても、お金が戻ってくる。また、LCホールディングスは不動産事業だ。その他、Ownersbookの株かも高かった。Ownersbookは基本的に不動産関連の事業者だ。また、極めつけはREITだ。またも上がってしまった。三菱物流リートは含み益が11%越え、KDXも4.5%くらいになっている。REITの多くが今日は高かったのではないだろうか。結局考えると、みんなが困った時に、買うのは不動産だなと思った。

ソーシャルレンディングは案件選べば思ったより安全ですよ

最近ソーシャルレンディングが人気がなくなってきている気がしている。しかし、案件を選べば思ったより安全だと思う。論より証拠、下記は自分のLC lendingの結果である。2018年1月からスタートしました。
運用実績
元本返済及び収益分配額合計4,315,511 円
△元本返済額4,103,334 円
収益分配額212,177 円
△元本損失額0 円
収益額212,177 円
LC lendingの保証案件ばかり選んで、投資していけば5%程度の利回りだが、うまくいくと思っている。そもそも、株だって結構上下するので、ソーシャルレンディングだけを見て、最近騒ぎすぎな気がしている。要は何でも、銘柄の選び方だと思う。

広告
楽天証券
楽天市場
  • ライブドアブログ