世界中で株高が進行している。ダウ、ナスダック、S&P、日経のインデックスが上昇し続けている。以前書いたように、そろそろ頭打ちの考えに変わりは無い。今回の上昇は、バイデン政権になったことにより、安心感が生まれたためだと考えられる。米中冷戦が一服するのが大きいと思う。また、コロナについても、イスラエルの例に見るように、ワクチン接種が進み希望が見えてきた。安心すると株は上がるものである。ただ、安定した社会環境が整えば、長期金利上昇の余地が出てくる。中央銀行が金利を上げるのである。そこで、ピークが来る。これからの長期金利をこまめにチェックしていきたい。